2022年3月10日 – オイシックス・ラ・大地株式会社 企業価値の向上策について

ひびき・パース・アドバイザーズ(以下、「ひびき」)は3月10日、オイシックス・ラ・大地株式会社(以下、「オイシックス」)に対し、以前1月27日に送付したレターに基づき、今後の財務戦略の転換による企業価値の向上策について、プレゼンテーション(下記リンク参照)及び意見交換をしてきました。

特に、現在の市場株価評価から逆算されるオイシックスへの期待成長率がたったの1.6%であることや、成長企業であっても自社の株価水準が割安であれば自己株式の取得は、合理的な財務施策であることに強く響かれていた模様です。また、最適資本構成によるWACCの低減について議論した投資家はひびきが初めてとのことで、弊社のご提案内容についても前向きにご検討いただける旨のコメントを頂戴いたしました。

引き続きオイシックスと今後の方策について議論を重ねていき、こちらに報告したいと思います。叱咤激励型エンゲージメント、継続中です!

尚、本プレゼンテーションは、特定の有価証券の取得の申込みの勧誘若しくは売買の推奨又は投資、法務、税務、会計その他いかなる事項に関する助言を行うものではありません。

日本語:「攻め」の財務施策による企業価値向上のご提案

English:“PROGRESSIVE” FINANCIAL MEASURES FOR CORPORATE VALUE ENHANCEMENT

Related post

RSS 関連ニュース

Return Top